コース

13回目を迎えるツール・ド・ちばのテーマは「北総の魅力を味わい尽くすロングライド」。
1・2日目は、今年6月にオープンしたリゾート型合宿施設「銚子スポーツタウン」を発着点に「海とさかなのまち」銚子市と旭市が中心。
3日目は成田市大谷津球場がスタート会場となり、田園地帯、丘陵地帯、河川沿いと様々な北総の変わりゆく風景を堪能できる3日間。
この機会に自然豊かな千葉県北総地域を堪能してください。

stage1 stage1

Stage-1 68.2km
「銚子スポーツタウン」をスタートし、7年連続水揚げ量日本一を誇る銚子漁港を通過。今コース最高標高の愛宕山(海抜73.6m)を登ると、山頂の展望館(同90m)から雄大な太平洋が一望できる。「銚子ドーバーライン」を駆け抜け、屏風ヶ浦や北総に広がる田園など見どころいっぱい。銚子市・旭市を中心に周回、初心者も楽しめる68km。

スタート 銚子スポーツタウン特設会場 0km
昼食 地球の丸く見える丘展望館 19.6km
エイドステーション いいおかユートピアセンター 35.2km
エイドステーション ワールドハウス 52.9km
フィニッシュ 銚子スポーツタウン特設会場 68.2km
通過市町村 銚子市、旭市
ルートラボ
stage2 stage2

Stage-2 80.1km
風力発電の風車群や「灯台キャベツ」畑、屏風ヶ浦の崖を望むワインディングロードを走り、銚子から飯岡刑部岬へ。九十九里海岸沿いを通り匝瑳市から内陸へ向かう。獲得標高は高くないが適度なアップダウンを繰り返しながら、成田市大谷津球場特設会場を目指すコース。千葉県の海岸沿いと、内陸の田園地帯がバランスよく配置された80km。

スタート 銚子スポーツタウン特設会場 0km
エイドステーション 飯岡形部岬 13.3km
昼食 野栄ふれあい公園 34.1km
エイドステーション サテライト成田 56.7km
フィニッシュ 成田市大谷津球場特設会場 80.1km
通過市町村 銚子市、旭市、匝瑳市、横芝光町、芝山町、成田市
ルートラボ
stage3 stage3

Stage-3 105.9km
成田市大谷津球場特設会場を出発し、江戸時代から続く酒蔵を有する「発酵のまち」神崎町へ。佐原を流れる小野川沿いの「小江戸」を堪能した後、雄大な利根川の流れを眺め、「水郷佐原あやめパーク」がある香取市の水郷地帯を走る。小見川から再び丘陵エリアを進み、銚子に戻る今コースのハイライト106km。

スタート 成田市大谷津球場特設会場 0km
エイドステーション 道の駅 発酵の里 こうざき 23.8km
昼食 水郷佐原あやめパーク 52.4km
エイドステーション 香取市山田支所 78.6km
フィニッシュ 銚子スポーツタウン特設会場 105.9km
通過市町村 成田市、神崎町、香取市、東庄町、銚子市
ルートラボ